賛助会員規則

全日本男子プロテニス選手会 賛助会員規則

第1条(目的)
 本規則は,定款第3章の会員規定のうち,賛助会員に関する規定を実施するために必要な事項を定めるものです。

第2条(賛助会員)
 一般社団法人全日本男子プロテニス選手会(以下、「選手会」という)の目的および活動内容に賛同して入会を申し込み、理事会において承認された個人または法人を賛助会員とします。
 なお,申込みがあった場合においては,第7条2項に該当することが明らかな場合を除き,理事会は賛助会員の申し込みを承認します。

第3条(議決権)
 賛助会員は,選手会の社員総会において議決権を持ちません。

第4条(入会手続)
 賛助会員の入会手続は,以下のいずれかによるものとします。
 ⑴ 所定の入会申込書を当法人まで郵送もしくはメール添付で提出する方法
 ⑵ ウェブフォームにより入会を申し込む方法

第5条(年会費)
 1 賛助会員の年会費は,以下のとおりとなっております。入会申し込みは理事会により原則として承認されますので,賛助会員としてお申込みいただいた方は,選手会が指定する銀行口座に,年会費を納入してください。
  ⑴ 個人の方 一口  3万円
  ⑵ 法人の方 一口 10万円
 2 理事会により入会申し込みが承認されなかった場合には,お振込みいただいた年会費は返還します。
   その他の場合には,いったんお振込みいただいた年会費は返還しません。
 3 当法人は,12月1日から11月末日までの事業年度を採用しております。
   納入された年会費は,納入日を含む事業年度の1年分とみなします。

第6条(退会)
 退会は自由にできます。退会をご希望の方は,選手会までお問い合わせください。

第7条(会員資格の喪失等)
 1 以下の場合には,賛助会員の資格を失います。
  ⑴ 死亡したとき。
  ⑵ 会費の支払を怠ったとき。
  ⑶ 退会したとき。
 2 以下の場合には,賛助会員の資格を除名することがあります。
  ⑴ この法人の名誉を傷つけ,又は目的に反する行為をしたとき。
  ⑵ この定款その他の規則に違反したとき。
  ⑶ その他除名すべき正当な事由があるとき。
 3 反社会的勢力(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団ならびにその関係団体をいう)の構成員もしくは関係者の方は,賛助会員となることはできません。会員資格の取得後に,反社会的勢力の構成員もしくは関係者に該当することが明らかとなった場合,除名すべき正当な事由があるものとみなします。

第8条(特典)
 賛助会員に対する特典は,選手会が別途定め,その内容を告知します。
 なお,特典は,賛助の金額に応じて賛助会員ごとにその内容を変えさせていただく場合がございます。

第9条(届出事項の変更)
 賛助会員になった方は、住所、氏名、電話番号、E-mail アドレス等届出事項に変更があった場合は、すみやかに選手会へ連絡してください。変更の連絡がない場の不利益について選手会はその責任を負いません。

第10条(個人情報)
 賛助会員の個人情報(個人情報保護法第2条に定めるもの)は,会員情報の管理,会員への特典の提供,その他選手会の運営のためにのみ利用し,法令の定めにより公的機関から開示を求められた場合,その他個人情報保護法令に定める事由がある場合を除いては,賛助会員の同意なしに開示しません。

附則
 本規則は平成30年12月21日より施行します。

PAGE TOP